企業情報

会社概要

グローバルな建造体制と多様な製品展開が最大の強み

アジアを拠点に高品質な製品・サービスを提供

 常石造船は、常石本社工場(広島県福山市)、ツネイシ・ヘビー・インダストリーズ・セブ(フィリピン・セブ島)と常石集団(舟山)造船有限公司(中国・舟山市)、アスティジェロ・ツネイシ・パラグアイ(パラグアイ・セントラル州)、これら4つの拠点で事業を展開しています。
 創業から100余年。木造船の建造にはじまり、海外の進出に至るまで積極果敢な事業展開を進めてきた原動力は、船づくりに対する飽くなきチャレンジ精神で、現在の業界をリードする存在に至るまで常に進化を続けてきました。
 1990年代にフィリピンに進出。造船業界ではそれまで成功例のなかった海外進出を軌道にのせ、その後の中国、パラグアイ進出の礎をつくりました。コスト力や為替変動への耐性という競争優位を確立するとともに、国内外の拠点で同一の“常石品質”で船舶を提供するグローバルな建造体制を有しています。
 製品展開は、ばら積み貨物船を主軸に、コンテナ運搬船やタンカーをラインアップし、多様な市場のニーズに応えています。中でも2005年のデビューから10年足らずで累計200隻超の竣工を達成したベストセラーの載貨重量8万2,000トン級のばら積み貨物船「カムサマックス」は、当社登録商標が業界標準として呼称されるほど認知され、同カテゴリーでは世界トップシェアを誇っています。
 変化に柔軟に対応し拡大してきた常石造船は、これからも未来に向け、持てる技術を結集し、時代のニーズに応える最新鋭の船舶の提案・建造に全力を注ぎ、新しい価値を創出していきます。
社名 常石造船株式会社 (TSUNEISHI SHIPBUILDING Co., Ltd.)
代表者 代表取締役社長 河野 健二 (Kenji Kawano)
事業内容 船舶の建造、修繕
創業 1917年(大正6)7月
設立 2011年(平成23年)1月4日
資本金 1億円
決算期 12月
売上高 1,531億円(2018年12月期 ツネイシホールディングス株式会社連結対象の造船事業全体)
従業員数 883人(2018年12月時点)
協力会社 58社 / 約1,200人(2018年12月時点)
本社/常石工場 〒720-0393 広島県福山市沼隈町常石1083番地 TEL:084-987-1101(代) FAX:084-987-0773(代)
東京支店 〒102-0082 東京都千代田区一番町 2-2 一番町第二TGビル 5F TEL:03-3264-7715 FAX:03-3264-7712
福岡オフィス 〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-3-2 TNC放送会館19F TEL:092-832-3890 FAX:092-832-3883