常石造船のサステナビリティ

グローバルに事業を展開する我々は、
地球環境や社会課題への対応を経営最重要項目と捉え、
「社員の幸せのために事業の安定と発展を追求する」
この企業理念のもと、全従業員とともに持続可能な
社会の実現をめざします。
創業から100年を超える歴史のなかで、常石グループは挑戦を繰り返しながら成長してきました。
そして未来を生きる次世代のために、地球環境や社会課題への対応を経営の最重要事項のひとつとして捉え挑戦し続けます。
100年後の幸福な未来の実現のために。

地球環境保全への工夫

常石造船は、船を造る過程で必要なエネルギーの見直しに取り組んでいます。従来の製造過程を見直す、新しい技術を取り入れる、再生可能なエネルギーを使用する、など常に地球環境の保全のための活動を心がけています。

Read More

地域・社会との信頼づくり

地域や社会の支援により事業を継続できていることを忘れず、地域・社会のために、率先して持続可能な社会づくりに取り組みます。現在、教育・医療・環境保全・災害支援などの分野で多様なサポートを推進しています。

Read More

はたらく喜びの追求

目まぐるしく価値がかわりつつある今、人々の考え方もライフスタイルも様々です。しかし、常石造船で共に働く仲間であることに変わりありません。常に社員一人ひとりの幸福に寄り添いつづける企業でありたいと願っています。

Read More

開発・技術での貢献

常石造船ではGHG(温室効果ガス)排出削減に向けて、先端技術を活用し、地球環境に優しい船舶の開発を行っています。低燃費性能・環境性能を追求することで世界課題である脱炭素社会の実現に貢献します。

Read More

SCROLL