海は広い。それ以上に、未来は果てしない。TSUNEISHIは、真っすぐな「やる気」を待っている。海は広い。共に漕ぎ出そう。

TOPICS

  • 2017年3月1日

    2018年度新規学卒者対象の募集要項を公開しました

メッセージ

創業から100年。

木造船の建造に始まり海外への進出まで、大胆な事業展開を進めた力の源は、チャレンジ精神です。
世界がこれからどのように変化しても、このスピリットは変わりません。
一人ひとりが先を見据え、ベストを尽くして前進する。

私たちとともに、どんなハードルにも挑戦し、乗り越え、
自らを革新し続ける勇気をもったあなたを待っています。

代表取締役社長 河野健二

会社を知る

正社員について

正社員数:772名

平均年齢:37.0歳

若手からベテランまで従業員がそれぞれの職位、役割において協力し合い、当社製品である大型の船舶を作り上げています。(2016年12月現在)

年間売上について

1,791億円

2015年度の常石造船株式会社を主とする造船事業連結。
常石グループ全体売上の約7割を占める中核事業です。
(2015年度グループ造船事業セグメント連結決算)

建造実績について

建造隻数:47隻

竣工量:180万トン

国内造船グループ別新造船竣工量で第3位の竣工量を誇っています。(2016年度:マリンネットデータ)

建造シェアについて

Panamax BC:1位

Handymax BC:2位

バルクキャリアの世界建造シェア率はPanamax BC(弊社製品でいうとKAMSARMAX BCに相当)は世界第1位、Handymax BC(TESS58)は世界第2位を誇っています。(実績期間:2008年~2012年)

グローバル戦略について

フィリピン、中国、パラグアイに工場を持ち、
そこへ優秀なエンジニアを派遣し、現場の管理・指導を行っています。
海外でも国内同様の高品質な製品・サービスを提供しています。

企業理念

社員の幸せのために事業の安定と発展を追求する

当社は1917年の創業以来、およそ一世紀にわたって造船業に従事してきました。その間、地域社会の発展のみならず、
安全で高品質な船舶を提供し、海上物流の一躍を担うことで、世界経済の発展に寄与してきました。

小さな町で木造船をつくることからスタートした当社が、
国内のみならず海外でも事業展開する企業に成長することができたのは、
その根底に「人を大切にする」という創業当初からの基本理念があればこそでした。

当社は、従来から社員と家族のように団結し、事業を拡大してきました。
過去の造船不況のおり、一切従業員を解雇しませんでした。
その背景には、この基本理念があったからに他なりません。
これからも人を大切にする、雇用を大切にする企業理念を引き継ぎ、
全従業員とともに事業のさらなる発展を目指します。

企業行動宣言

これからの100年に向けて。

常石グループは、常に先を見据えた大胆な行動と、
自由な発想によって顧客・地域社会の発展と社員の夢を実現し続けます。

安定と発展

チャレンジ精神を持ち、自立と連携で、顧客に満足される商品とサービスを提供します。

ひと重視

私たちは社員を家族とし、ともに学び、実行し、成長します。

社会の一員

グローバル社会の一員として誠実に行動し、地域の活性化と経済の発展に寄与します。

ツネイシスピリット

学園祭型カンパニー

我々は、全社員参加型経営を実践するため、『学園祭型カンパニー』を理想の企業像とし、
顧客満足度の高い企業を目指すとともに、業界一高収益企業を目指します。常石グループの全社員は、
この目標を実現するため、次の行動指針を『ツネイシスピリット』として共有します。

  1. 1
    ビジョンを持て!

    会社のビジョンを共有するとともに、自らのビジョンを持て

  2. 2
    ダントツを目指せ!

    創り出す商品とサービス、そして人としても常にダントツを目指せ

  3. 3
    総合力を発揮!

    組織に壁があってはならない、全社視野で行動せよ

  4. 4
    アグレッシブに行動!

    常に変革マインドとチャレンジ精神を持ち、ベストを尽くして前進せよ

  5. 5
    思いやりを持て!

    隣人への思いやりを忘れるな、あらゆる場面で周囲を配慮せよ

仕事を知る

ツネイシスピリットを発揮して、より良い船づくりに挑戦し続ける常石造船にはさまざまな仕事があります。

ここで紹介している仕事は一例のため、本年度の配属職種とは必ずしも一致しません。詳しくは採用情報をご参照ください。

  • 開発/基本設計

    3次元CADやCFD(数値流体力学)シミュレーションといった最新鋭コンピュータシステムをはじめ、回流水槽や大型曳航水槽、10分の1サイズの模型船を用いて実海域を想定した実験を繰り返し、計画通りの性能が得られるか検証しながら、船の開発を進めています。目標として定めたコストを計画通り達成するという原価企画を念頭に、マーケティング調査や戦略的コストマネジメントを行っています。また、お客様との技術的な打ち合わせを担当し、船型や速力、搭載エンジンなどの仕様を決定します。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 造船系
    • 海事海洋系
    • 機械系
    • 電気・電子系
    • 建築・土木系
    • 航空系
    • 数・物理系
  • 船体設計

    船の基本的な機能を定めた仕様書をもとに、実際に建造するために必須となる船体に関する設計図をCADを用いて作成します。船そのものの外殻を設計する船殻設計と船に装備する艤装品や居住区を設計する船装設計とに大きく分けられます。耐久性に優れ、腐食や寒冷地対策など様々な要求事項を満たすことが必要です。また、図面上の強度だけでなく、現場の作業性や他部署との協議を調整しながら図面を作成していきます。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 造船系
    • 海事海洋系
    • 機械系
    • 建築・土木系
    • 航空系
  • 機電設計

    船の基本的な機能を定めた仕様書をもとに、実際に建造するために必須となる機関や電気に関する設計図を作成します。大きく機関艤装と電機艤装に分けられます。機関艤装は、船の心臓部である機関部に関する設計を、電機艤装は各種機器や装置に電力を供給する電線の配線に関する設計を行います。機関部には主機の他に発電機やボイラーなど多くの機器が配置されます。それぞれの働きと電気の必要量を理解し、電線や回路の数や太さを決定し、設計していきます。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 海事海洋系
    • 機械系
    • 電気・電子系
  • 新造船技師

    担当番船の進捗・工程管理や実際の建造作業を行う技能職や協力会社の作業員への指示、他部署との調整、人員配置などを行います。チーム全員が安全と工程を厳守して作業を完了できるよう管理する現場責任者とも言えます。配属される現場によって、船づくりのどの工程に関わる技師かは様々です。全般の品質管理や監督・船級検査に対応したり、現場の危険予知と安全の確保のための活動を展開したり、起工から引渡しまでの工程の計画を立てたりする役割の部署もあります。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 造船系
    • 海事海洋系
    • 機械系
    • 電気・電子系
    • 建築・土木系
    • 航空系
  • 修繕船技師

    修繕の現場業務は、修繕船の船体・塗装工事、機関・電気工事に加え、新造船部門の保証工事など多岐にわたります。新造船の進水の際には、離接岸や岸壁係留なども担当します。その現場管理者として、技能職や協力会社の作業員への指示や人員配置、進捗管理などを行います。特に修繕船は引渡しまでの時間が短い分、作業効率が求められるため、適切な判断とスピードが必要となります。新造船では扱わない様々な船種に関わることができ、一隻ごとに作業内容が全く違うという特徴もあります。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 造船系
    • 海事海洋系
    • 機械系
    • 電気・電子系
    • 建築・土木系
    • 航空系
  • 新造船営業

    引渡しの工程まで必要となる各種書類作成をはじめ、要望のヒアリング、保証クレーム対応、進水式・引渡式など式典のコーディネイトやお客様のアテンドなどを行います。経験を積むことで、船価の交渉や契約など、国内外の顧客を相手に受注営業を担当します。採算や納期などを考慮し、より好条件で受注するために、常日頃から為替の動向、マーケットの動き、自社や同業他社の状況など広範囲にわたって情報を収集しておくことが重要です。また既存顧客とのつながりを深化させるとともに新規優良顧客の開拓も行います。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 経・商学系
    • 外語・言語系
    • 社・法・文学系
    • その他文系全般
    • その他理工系全般
  • 修繕船営業

    定期検査、一般修繕工事をはじめ、海難工事や船の用途変更、船体大型化等の改造工事と船主の様々な要望に応える窓口となっています。4本のドック数を活かしたフレキシブルな対応を武器に営業し、入渠船の獲得に努めます。修繕船見積もり、協定、請求書発行、工事代金回収なども主な業務です。修繕完了後のアフターサービスなどの対応も担当します。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 経・商学系
    • 外語・言語系
    • 社・法・文学系
    • その他文系全般
    • その他理工系全般
  • 資機材調達

    鋼板や船づくりに必要な数千にも及ぶ資機材を調達しています。その業務はただ購入するだけでなく、メーカーの選定、価格交渉、調達後の検品など多岐にわたります。資機材一つひとつの採用に至る経緯などの背景への理解、新規メーカーの発掘、社内の設計や現場とのコミュニケーションやサプライヤーとの面談などの調整力が必要となります。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 経・商学系
    • 外語・言語系
    • 社・法・文学系
    • その他文系全般
    • その他理工系全般
  • 経営企画

    経営計画部は、会社の経営方針・経営目標の策定および分析を行い、中期の経営計画を立案します。また常石造船経営会議の事務局や分割予算の予実管理、投資計画のとりまとめ等を担当します。
    海外事業室は、拠点のある中国やフィリピンの造船関連会社への経営一般に関する支援や赴任者への総務人事に関する支援を行っています。またそれ以外の国における海外造船事業の調査や検討を行っています。

    活躍できる学部・学科

    ※この限りではありませんので、あくまでご参考としてください。
    • 経・商学系
    • 外語・言語系
    • 社・法・文学系
    • その他文系全般
    • その他理工系全般

船ができるまで

船づくりは長い期間が必要なビッグプロジェクトです。引渡しまでに至る様々な工程で、
全社員が協力し、チームワークで船を作り上げていきます。

  • 1.商品開発

    市場のニーズを捉えた、安全性・運航採算性・荷役効率が高く、CO2排出量を削減する環境性能にも優れた船づくりを目指して開発を進めます。

  • 2.営業

    船の建造を検討されている船主に積極的に基本計画などを提案します。さらに見積もりを行い、合意のもと契約に至ります。

  • 3.設計

    船主の要望をもとに船型・速力・搭載エンジンなどの仕様を決定後、コンピュータによるCADシステムを駆使し、効率よく作図します。

  • 4.資機材発注

    仕様に基づき、建造に必要な鋼材や機器を発注します。いかに低コストで高品質の資機材を発注するかが肝心です。

  • 5.建造

    鋼板の切断・加工作業後、設計図通りに組み立てていきます。取付け溶接などを施して、船の部位ごとのブロックに仕上げた後、船台やドックに運び、船の形に仕上げていきます。

  • 6.進水

    船体にプロペラや舵が取り付けられ、水に浮かべられる状態になると、船台から海に滑りおろすか、ドックに海水をいれ船を海上に浮かせます。船が海上に初めて浮かぶ晴れの舞台といえます。

  • 7.最終工事

    進水後の船は艤装岸壁に接岸され、各種機器の取り付けや、電気系統の動作確認などをおこない、最終仕上げをします。

  • 8.試運転

    船の速度などの性能が、契約条件通りに仕上がっているかどうか、実際に海上で船を走らせて最終テストをします。

  • 9.引渡し

    全ての工事を終え、船主へ引渡しされます。建造された船の安全と活躍を祈る社員全員の想いを乗せて、世界の海へと航海をはじめます。

製品を知る

海外を含めアジアを中心とした拠点で、ばら積みやタンカー、コンテナ船、チップ船など
建造総数としても高い建造能力を持っています。

TESSシリーズ

「TESS」は、ツネイシ・エコノミカル・スタンダード・シップ(Tsuneishi Economical Standard Ship)の頭文字をとりネーミングされました。時代の変化や船主のニーズに対応し、推進性、操縦性、安定性など性能面で最高水準の船型を目指し開発。 「使い勝手の良さ」が評価され、国内外の多くの船主から30年にわたり支持されています。

KAMSARMAX BULK CARRIER

「カムサマックス」は、アフリカ西岸ギニア共和国にあるボーキサイトの主要積出港、カムサール港に入港可能な最大船長229メートルを有していることから命名。搭載重量を増加するほか、船の操縦性、安定性、推進性の飛躍的な向上と低燃費を目指し開発しました。

CONTAINER CARRIER

高効率の主機を搭載するほか、TESSシリーズなどばら積み貨物船の開発で培った環境技術を生かして大幅な低燃費を実現。コンパクトなサイズながらも高い積載効率を持つコンテナ運搬船です。

人を知る

  • 設計本部 船体設計部 船殻生産設計グループ

    吉本 伸行 さん

    現在の仕事内容

    私は現在、船殻生産設計グループに所属しており、船の構造を成形している部品を一つ一つ作成しています。現場との関わりも強い部署です。

    今までの仕事で一番印象に残っている事

    2007年から約3年間、フィリピンの設計会社Tsuneishi Technical Services(Phils.), Inc.に赴任したことです。文化、言語の異なるフィリピンで、同世代のスタッフと共に成長出来ました。自部署のことはもちろんのこと、少なからず日本に居れば経験出来ない他部署のことも勉強出来たことです。

    どんな時にやりがいを感じますか

    担当した船に、不具合が出なかった時です。 私の所属している部署では、正確性が最も重要視されるので、担当した船の建造が完了するまで現場からの電話がなるべく掛かってこないよう、正確に仕事を行うことを心がけています。

  • 設計本部 商品企画部 総合設計グループ

    豊田 麻友 さん

    仕事をする上で心がけている事

    私は、お客様の要望を織り込んだ仕様書の作成を行っています。お客様からのコメントに回答する際、それぞれの設計担当者に質問や検討を依頼することがよくあります。その時に、自分の中でコメントの意図をきちんと把握し、相手が対応しやすい依頼をするよう心がけています。

    今後の目標

    入社当初は船に関して右も左もわからず不安を感じていましたが、新入社員研修や先輩方の丁寧なご指導のおかげもあり、前向きに仕事に取り組んでいます。打ち合わせなどで、臨機応変にお客様からの要望に対応できる上司の姿に憧れています。もっと多くの知識を得て、経験を積み、少しでも早く担当船を任せてもらえるようになりたいです。

    職場の雰囲気

    メリハリがあり集中して仕事に取り組める環境です。また、些細なことでも気軽に相談できる暖かい雰囲気で、若手からベテランまで個性ある様々な方から意見やアドバイスをもらえるところが良いと思います。

  • 設計本部 船体設計部 船装設計グループ

    西 信昭 さん

    現在の仕事内容

    私は、主に船の塗装に関する設計をしています。塗装には海水から船を守る働きがあるため、国際ルールに則り塗装品質が均一になるよう意識しながら、契約書で決定された項目を図案化したり、塗装に関する契約書類を作成しています。

    今までの仕事で一番印象に残っている事

    船主と直接打合せをする機会が度々あるのですが、特に海外の船主との技術打合せに出席し、船の仕様について議論したことが印象に残っています。英語でのやり取りで大変でしたが、とても貴重な機会だったと思います。

    どんな時にやりがいを感じますか

    私が作成した図面、契約書を基に全ての塗装作業が行われるため、責任の大きさを感じます。また、図面・契約内容についての船主からのコメントに論理立てて説明を行い、納得いただけた時はやりがいを感じます。船全体の塗装を担当しており様々な部署との協力が必要なため、塗装設計を始めてから視野がとても広がりました。

採用情報

募集要項 (2018年度 新卒)

募集職種

船舶設計

職務内容 船舶に関わる設計(船体構造、機関、電機、船装設備、居住区)、船舶の船体開発、船舶の構造・強度設計、機関・配管設計、電機設計、船舶装備品の配置設計、居住区設計、等々。
採用人数 6名程度
募集学科 理工系学科
応募資格 高専・大学・大学院(修士)を2018年3月に卒業見込みで、2018年4月に入社できる方。
勤務地 本社常石工場:広島県福山市沼隈町常石1083番地
備考 初任配属先は、本人様の適正と希望等を考慮した上での配属となります。実務経験を積んだ後は、国内の他事業所や海外事業所へ赴任の可能性も有り。

新造船技師

職務内容 現場管理エンジニア(生産管理、工程管理、品質管理)建造船の起工から完工までの各担当工程における生産管理、進捗状況管理、品質管理、等々。
採用人数 3名程度
募集学科 理工系学科
応募資格 高専・大学・大学院(修士)を2018年3月に卒業見込みで、2018年4月に入社できる方。
勤務地 本社常石工場:広島県福山市沼隈町常石1083番地
備考 初任配属先は、本人様の適正と希望等を考慮した上での配属となります。実務経験を積んだ後は、国内の他事業所や海外事業所へ赴任の可能性も有り。

修繕船技師

職務内容 修繕船の船体・塗装工事、機関・電気工事に関わる現場管理エンジニア
採用人数 4名程度
募集学科 理工系学科
応募資格 高専・大学・大学院(修士)を2018年3月に卒業見込みで、2018年4月に入社できる方。
勤務地 本社常石工場:広島県福山市沼隈町常石1083番地
備考 初任配属先は、本人様の適正と希望等を考慮した上での配属となります。実務経験を積んだ後は、国内の他事業所や海外事業所へ赴任の可能性も有り。

新造船営業

職務内容 新船の受注営業活動から引き渡しまでの取引先との対応、等々。(受注後の取引先の要望対応とこれに伴う各部署との打合せ、各種書類作成、式典応対)
採用人数 2名程度
募集学科 学科不問
応募資格 高専・大学・大学院(修士)を2018年3月に卒業見込みで、2018年4月に入社できる方。
勤務地 本社常石工場:広島県福山市沼隈町常石1083番地
備考 初任配属先は、本人様の適正と希望等を考慮した上での配属となります。実務経験を積んだ後は、国内の他事業所や海外事業所へ赴任の可能性も有り。

修繕船営業

職務内容 修繕船の定期検査や工事等に関する見積もり、協定、請求書発行、工事代金回収、修繕完了後のアフターサービスの対応、等々。
採用人数 1名程度
募集学科 学科不問
応募資格 高専・大学・大学院(修士)を2018年3月に卒業見込みで、2018年4月に入社できる方。
勤務地 本社常石工場:広島県福山市沼隈町常石1083番地
備考 初任配属先は、本人様の適正と希望等を考慮した上での配属となります。実務経験を積んだ後は、国内の他事業所や海外事業所へ赴任の可能性も有り。

経営計画

職務内容 中期計画策定から年次予算の策定および予実管理、船の原価管理などを行う。また、全社横断的なプロジェクトの取りまとめを実施、等々。
採用人数 2名程度
募集学科 学科不問
応募資格 高専・大学・大学院(修士)を2018年3月に卒業見込みで、2018年4月に入社できる方。
勤務地 本社常石工場:広島県福山市沼隈町常石1083番地
備考 初任配属先は、本人様の適正と希望等を考慮した上での配属となります。実務経験を積んだ後は、国内の他事業所や海外事業所へ赴任の可能性も有り。

総務

職務内容 社内規定管理、備品管理、文書管理、各種届出、渉外業務、委託業務管理等、人事企画・制度の立案、人事考課、昇進昇格、人材育成、採用、等々。
採用人数 1名程度
募集学科 学科不問
応募資格 高専・大学・大学院(修士)を2018年3月に卒業見込みで、2018年4月に入社できる方。
勤務地 本社常石工場:広島県福山市沼隈町常石1083番地
備考 初任配属先は、本人様の適正と希望等を考慮した上での配属となります。実務経験を積んだ後は、国内の他事業所や海外事業所へ赴任の可能性も有り。

募集要項

就業時間 8:00~17:00(昼休憩60分含む)
雇用形態 正社員
初任給 基本給(2016年4月実績)
修士 221,000円/月
学士 206,000円/月(高専専攻科含む)
高専卒 179,000円/月(本科)
諸手当 通勤交通費、残業手当、休日出勤手当、海外赴任手当、家族手当 など(当社規程による)
昇給 年1回
賞与 年2回(7月、12月)※業績により期末賞与あり(3月)
休日・休暇・休業 週休2日制(土曜、日曜、祝日) ※年に数回土曜出社有
年間休日118日(年末年始・GW・夏季休暇含む)
年次有給休暇(半日休暇制度あり)
その他休暇:特別休暇(慶弔、リフレッシュ、傷病、など)産前産後
各種休業:育児、介護、など
福利厚生
※詳細は下記で紹介
各種社会保険(健康、厚生、雇用、労災)、財形貯蓄、退職金、団体保険、グループ施設優待制度、社員食堂、各種クラブ活動、独身寮、社宅、共済会制度
社内研修
※詳細は下記で紹介
階層別研修(新入社員研修、管理職研修、経営者育成研修、など)
その他各種研修(語学研修、実務スキルアップ研修、OJT研修、など)
自己啓発支援(TOEIC受験支援、通信教育補助制度、資格受験費補助、など)
採用実績校 【過去3年の実績】
<大学院>
愛媛大学、大阪大学、大阪府立大学、九州大学、近畿大学、熊本大学、長崎総合科学大学、
名古屋大学、広島大学、横浜国立大学、東海大学

<大学>
愛媛大学、大阪大学、岡山大学、岡山理科大学、尾道市立大学、関西大学、関西外国語大学、
近畿大学、神戸大学、佐賀大学、芝浦工業大学、水産大学校、千葉工業大学、中央大学、
東京海洋大学、同志社大学、長崎総合科学大学、広島大学、広島工業大学、福山大学、
横浜国立大学、龍谷大学、早稲田大学
応募方法 マイナビ2018の「常石造船」よりエントリーください
提出書類 履歴書、成績証明書、卒業見込証明書、健康診断書
(大学院卒業見込みの方は学部時の成績証明書も提出下さい)
お問い合わせ先 【常石造船採用担当】
担当:総務部人事グループ/小林、渡邉
〒720-0393
広島県福山市沼隈町常石1083番地
TEL:0120-214-340
E-mail:ts.recruit@tsuneishi.com

新卒採用要項

エントリー方法 ★☆マイナビ2018の「常石造船」よりエントリーが必要となります☆★
「常石造船」画面よりプレエントリー下さい。エントリー後、マイナビ上で一次選考のご案内を致します。
マイナビ2018
採用フロー 選考日程・会場及び選考の合否につきましては、随時メールにてご連絡致します。

1.「常石造船」画面よりエントリー
  ▼
2.【一次選考】エントリーシート
  ▼
3.【二次選考】適性試験(テストセンターで受験をお願い致します)
  ※交通費の支給はありません。
  ▼
4.【三次選考】人事面接
  ※交通費を支給致します。
  ▼
5.【最終選考】役員面接
  ※交通費を支給致します。
  ▼
6.【内定通知】

【会社見学・工場見学について】
  選考過程で実施致します。

【推薦でのご応募について】
  任意で推薦書をご提出頂いても構いません。
選考方法 エントリーシート、適性検査、面接(人事面接、役員面接)

研修制度、福利厚生について

研修制度

社員一人ひとりのキャリア開発・スキルアップを支援するために、
下記でご紹介している以外にもさまざまな教育研修を実施しています。

新入社員研修

会社や社会人としての心構えや知識を身に付ける研修の他に、新入社員全員で合宿し、同期の絆を深め、常石人としての軸づくりを行います。

管理職研修

課長職を対象とした研修です。管理職に求められる役割と知識、心構えを学んでもらい、プレーヤーからマネージャーとなる意識行動転換を促し、組織力の向上につなげます。これらの他に、業務プロセスの管理手法と目標管理手法・課題認識・解決なども学びます。

経営者育成研修

階層別に対象社員や求める内容は変わります。紹介している写真は、次世代経営者候補の育成として、入社3年以上30歳代までを対象とした戦略策定の基礎知識を学ぶグループワーク型の研修。戦略の策定を学ぶだけでなく、1年に渡る研修を通じて、実践力(目標設定・目標管理・問題解決の力・実行力)を養うことを目的としています。

語学研修

海外展開を進めている常石造船では、社内での英会話講座、文法講座、TOEICテストを実施しています。また海外留学、e−ラーニング等の自己啓発プログラムも用意し、グローバル人材の育成を支援しています。

福利厚生

独身寮

  • あおなぎ寮

    月額5,500円(電気代、食費別途)

社宅

せとテラス:月額29,500円
せとの森:月額29,500円

※写真はせとの森

福利厚生施設

常石グループが運営するホテルやレジャー施設を福利厚生施設として、割引優待を受けることができます。

  • ゴルフ場、温泉、リゾートホテル、スキー場、遊園地、合宿施設、海水浴場、など。

※写真は海水浴場のシーパーク大浜

各種クラブ活動

会社公認の各種クラブ活動があります。

  • マリンクラブ
  • フットボール(サッカー)部
  • フットサルクラブ
  • 水泳部
  • 硬式テニス部
  • 華道部
  • ソフトボール部
  • 合気道部
  • バトミントンクラブ
  • 囲碁部

※写真はフットサルクラブ

内定までの流れ

Entry

キャリア採用の方のEntryはこちらから